痛風根治に向け、中性脂肪を下げ始めてみた~ はじめての痛風 その8

投薬による高尿酸血症の治療を始め2ヵ月。

主たる原因である尿酸値は順当に低下してきたものの、先日の血液検査によって

・LDLコレステロール(通称、悪玉コレステロール)

・中性脂肪

の2つが基準値より高く、脂質異常症の嫌疑を掛けられるものとなりました。

 

次回の血液検査時に同数値が高い様であれば

「動脈硬化の検査を行いましょう」

と、なんとも物々しい宣言をされてしまった以上、これはなんとかせねば・・・。

 

という訳で、今度は中性脂肪とLDLコレステロールを下げるべく、学習を始めてみることにしました。

スポンサードリンク

そもそも、中性脂肪や悪玉コレステロールってなんなのよ?

中性脂肪とLDLコレステロールは、どちらも血液中を流れる脂肪の一種。

うち、皮下脂肪の大部分を形成しているのが、中性脂肪となります。

 

中性脂肪は、体を動かすエネルギー源の1つですが、血液中の中性脂肪が増えてしまうと

・脂肪肝

・肥満

などの状態を引き起こします。

 

また中性脂肪が増加することにより、LDLコレステロール(通称、悪玉コレステロール)の増加が促進され、LDLコレステロールが増加すると

・心筋梗塞

・脳梗塞

などといった重篤性の高い「動脈硬化性疾患」を引き起こす原因に繋がっていきます。

中性脂肪が高くなる原因ってなに?

中性脂肪の数値が高まる原因は、

・糖質の過剰摂取(炭水化物にも注意)

・アルコール類の飲み過ぎ(肝臓での分解時に中性脂肪が合成される)

・運動不足

・飽和脂肪酸(肉系の脂)の摂りすぎ

・食べ過ぎ

などが主な原因とのこと。

要するに、メタボリックシンドロームや高尿酸血症の原因と、ほぼ同じ事が言えるようです。

参照:尿酸値が上昇する原因となる生活習慣とは ⇒

 

また、中性脂肪の増加は、尿酸の排泄低下を起こす原因の一つともされる為、

参照:肥満がもたらす尿酸の産生・排泄バランスへの影響とは ⇒

中性脂肪を下げる = 高尿酸血症の根治への一歩、とも言えます。

スポンサードリンク

中性脂肪を下げるには、食事療法が有効?

中性脂肪が上昇する原因は、前述した通り、ほぼ「食事」が原因となるそうです。

好き勝手なものばかりを食べず、

・脂質を控える

・糖質、炭水化物の摂取を減らす

・食物繊維の摂取を増やす

・摂取カロリーそのものを抑える

これらを意識することが重要とされています。

 

上記と共に、血液中のコレステロールや中性脂肪を下げる役割を持つ「不飽和脂肪酸」に分類される

・オレイン酸(オリーブオイル、アーモンドなど)

・リノール酸(大豆油やごま油に代表される植物油)

・DHA(青魚やまぐろのトロに含まれる、魚の脂質)

などにの摂取を増やす事も、コレステロールや中性脂肪を下げる働きが得られます。

 

ただ、ここで厄介なのが、上記した「コレステロールや中性脂肪を下げる食品」のうち、DHAを含む食品にはプリン体も多く含まれていることなのです。

 

高尿酸血症を治す為には、中性脂肪を下げる必要がある。

中性脂肪を下げる為には、DHAの摂取が効果的。

でもDHAを含む食品にはプリン体が多く、プリン体を過剰摂取すれば高尿酸血症・・・

なんだこの、堂々巡りは??

 

かといって、DHA以外の方法から中性脂肪を下げるには

・脂質、糖質、炭水化物、カロリーを制限した食事

・オレイン酸やリノール酸の摂取

となっており、食欲旺盛な30代男性の食事とは到底思えない、病院食や精進料理の様なものばかり。

とどのつまり、食べる事が好きな高尿酸血症患者にとって、食事療法による中性脂肪の降下は、すこぶる難易度が高いことに気付きました。

中性脂肪を下げる栄養素、サプリを調べてみた結果・・・

日常的に食べる食事を変えることで、中性脂肪を下げることが難しい。

ということは、食事以外に摂取する栄養素から、中性脂肪やコレステロール低下に効果の高い成分を摂取してみてはどうか。

 

と考え、中性脂肪やコレステロールの低下に効果が高いとされる栄養素を調べてみた結果、

・DHA

・EPA

・キトサン

などの成分が効果的であることが分りました。

 

このうち、DHAやEPAは青魚やマグロ、カツオなどから摂取できるものの、プリン体も多く含んでいるので積極的な摂取には不向き。

となると、DHAやEPAはサプリメントから摂取するとして、残る栄養素の「キトサン」。

 

キトサン・・・キトサン・・・どこかで聞いた様な・・・

あっ!!

キトサンには、ビタミンC同様に尿酸の排泄を促進させる効果を持つ上、中性脂肪やコレステロールを下げる効果もあるって、以前に調べていました!

参照:高尿酸血症の治療3 中性脂肪を下げる ⇒

 

なんだよ、キトサン。お前、ものすごく優秀な成分だったんだな。

この機会に、より多くのキトサンを摂取できる様、複数の青汁やキトサンを含むサプリメントを調べた結果、辿り着いた先となるのがこちら

大正製薬の販売している「大麦若葉青汁」という商品になります。

 

そもそも青汁には、

・ビタミンB2

・葉酸(尿酸値の生成を低下させる効果がある)

・鉄分

が多く含まれており、尿酸の生成を低下させる働き以外にも、不足がちな栄養素が手軽に摂取できるとのこと。

そこに加えて、この「大麦若葉青汁」には、LDLコレステロールを低下させる働きを持つ「キトサン」が配合されているとのこと。

 

以前のフルーツ青汁では、中性脂肪こそ下がったものの、LDLコレステロールは上昇していたので不安がありましたが、今度こそ効果が期待出来そうでは?

ということで、

大麦若葉青汁を早速注文為てみました。

まずは2ヵ月、この青汁を飲み続け、中性脂肪とLDLコレステロールの値にどんな変化が出るのか、検証してみようと思います。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。